就職について 先輩からのメッセージ

夢を実現し、活躍する先輩方にインタビューしてみました。
当校の卒業生も1500名を超え、オーラルケアの分野へ羽ばたき、現在も活躍しています。歯科衛生士という仕事は、結婚しても、子育てをしながらも一生涯続けていく事の出来る職業です。当校の卒業生の中にも、様々な状況の中で歯科衛生士という職業と向き合い、頑張っている卒業生がいます。近年見直されつつある歯科医療において、歯科衛生士のニーズもますます拡がりを見せています。
歯科衛生士への夢…。そして実現してからの現実 様々な視点から卒業生の声を聞いています。

メッセージ#01

40回生(平成17年度)卒業生 曽根 美由紀(旧姓 峠)
40回生(平成17年度)卒業生
曽根 美由紀(旧姓 峠)
【歯科医院勤務】

結婚後も歯科衛生士で頑張ってます。
高校生のころから、将来は何か資格を取得して仕事をしたいと漠然と思っていました。そんな時に母から、歯科衛生士という職業を聞き、学校見学会に参加して奈良歯科衛生士専門学校に進学する事を決めました。学校では専門的な教科はもちろん、歯科医院や大学病院、高齢者施設での実習など、沢山の事を学ぶ必要がありました。大変な事や辛いことなど沢山ありましたが、学校の先生や同級生のみんなが親身になって相談に乗ってくれたおかげで、無事乗り越える事ができ、それも今は良い思い出になっています。
そんな私は、現在一般の歯科診療所に勤務しています。普段の仕事は患者さんの歯周病の予防をしていますが、週に一度は障害者施設に出向き、そこで口腔ケアの仕事もしています。
そんな毎日の中で、患者さんやその家族の方から「ありがとう」と言ってもらえることが、すごく嬉しくその度にこの仕事を選んで良かったと感じています。
私は最近結婚しましたが、この仕事は結婚しても続けることが出来ますし、何よりやりがいがあるので、これからもより多くの知識を身につけ、笑顔を忘れずに患者さんから頼りにされる歯科衛生士を目指して頑張っていきたいと思います。

メッセージ#02

46回生(平成24年度)卒業生 上田 梨絵【総合病院勤務】
46回生(平成24年度)卒業生
上田 梨絵【総合病院勤務】

お口のケアから口腔外科手術まで携わっています。
私は専門学校を卒業後、一般歯科はもちろん、外科的なことにも携わりたいと思い総合病院の歯科口腔外科へ就職しました。口腔外科の患者さんは虫歯や歯周病の治療だけでなく、交通事故などで緊急搬送されて運ばれてくる方もいます。その為適切な対応と判断力が必要となります。骨折のオペなどにもアシスタントとして入らせてもらうなど貴重な経験をさせてもらっています。 また、総合病院で働く事は歯科以外の医師、看護師、言語聴覚士、理学療法士などの様々な職種と連携をとることで全身状態や全身疾患など歯科領域以外から患者さんの状態を知ることができ、診療の幅が広がると考えられます。 近年では高齢化社会が進んでおり、病院で入院されている患者さんは高齢の方も多くおられます。麻痺があり御自身での口腔清掃が難しい方や薬の副作用により口腔乾燥がある方など様々です。その為1人1人その患者さんに合った指導方法を考え口腔ケアを実施していく必要があります。患者さんに負担が少なく無理なく行うためにも歯科衛生士という立場から意見を述べ先生とのミーティングをして治療計画を立てるようにしています。
歯科衛生士という仕事はとても幅広く、やりがいのある職種です。患者さんに「ありがとう」と声をかけて頂いた時は本当に嬉しいですし自分自身のやる気にも繋がります。これからも多くの知識を身につけスキルアップできるように頑張っていきたいと思います。

メッセージ#03

45回生(平成22年度)卒業生 門田 磨由子
45回生(平成22年度)卒業生
門田 磨由子【歯科衛生士専門学校勤務】

子育てをしながら歯科衛生士になりました。
私は、社会人を経て入学しました。子育てをしながらの学校生活だったので大変なことも多くありましたが、同じ目標をもった仲間と一緒に学んだことで、歯科衛生士の資格を得るだけではなく、多くのことを身につけることが出来ました。
今、勤めている歯科医院では主に歯科医師が行う治療のサポートや歯周治療・メインテナンスなどをおこなっています。
実際の現場では、どのような治療を行うかはもちろん大切なことですが、患者さんとのコミュニケーションも重要になってきます。患者さんが伝えたいことを正確にくみ取り、必要な情報を聞き出さなければなりません。特に歯磨きの指導などを行う際には、患者さんの生活背景や習慣といった情報も考慮して、無理なく続けていただけるようにすすめていくことが大切になります。
指導や治療をした結果、口腔環境の改善がみられたと患者さんと一緒に喜ぶことができた時には、自分のことのようにとてもうれしくなります。生涯おいしく食べることができ、健康に過ごしていけるようなサポートができるよう、日々学び成長していきたいと思います。

このページのトップへ